感動と喜びを生み出す味:シンプルな焼き菓子を極める  ~岡田有里お菓子教室 in 沖縄~

ケイクオランジュ2015_2

手作りだから出来る!
感動と驚きに満ちたキャラメルケイク

「な~んて、美味しいの!」
とキャラメルケイクを食べて
感動と驚きを感じた事は
ありますか?
ケイク-9229
私ね、
感動経験有りです♡

 

なぜ感動するのか?
なぜ、感動出来ないのか?

キャラメル風味のケイクって、
た~くさん販売されていて、
材料も値段も様々です。


でもね、
共通して言えることは、
「ピンと来ない」
と言う事なんです。


なんとなく、
パンチが足りなかったり、
香りが足りなかったり…。
キャラメルのバランスがね~
とか…
色々とウ~ンってなって終わります(笑)

 

だからね、
「な~んて、美味しいの!」
と感動するケイクを作るって、
とても難しい事なのね…。
と改めて思う今日この頃。


これは、ほかのお料理でも同じことですが、
皆さんはいかがですか?
ケイク-9228


でも、なぜ?
なぜ、感動を生むキャラメルケイクが
売ってないのかしら・・・?


理由の一つは
作る人が食べる人の顔を
思い浮かべて作ってないから。

すなわち、
「心」がこもってないから。

だと私は思います。
ケイク-9234
お店で大量生産されるケイクは
レシピ通りに焼かれています。

残念ながら、
作る人は食べる人の顔が見えないし、
喜ぶ声も聞こえないんですよね。


それに対して、
私が焼く時はね、
食べてくれる人の笑顔を思い描きます。
「ん!!!」って驚きの目で私を見る可愛い顔を思い描きます。

 

そして、
その人好みに合わせてキャラメルを炊くの♪

ほろ苦いのがお好みかな~?
優しい甘さがお好みかな~?
って色々と想像しながら、
美味しいキャラメルを炊くんです♪

これが私にとっての
シアワセな事。
ケイク-9235

料理もお菓子作りも、
食べる人の顔を思い浮かべて作る事で、
「心」がこもります。

そして、
それが「美味しい!」という
感動と喜びを生むのだと
私は信じています。

家庭のお料理も、
外食もそれは同じ。

ケイク-9239
2015年は、
「心を込める」と言う事を
一緒に考える時間を多くの方と過ごしました。


ご一緒頂いた皆様、
ありがとうございました。

私自身もとても勉強になりました。
ケイクオランジュ2015

これからも、
「美味しい!」の喜びを
生み出せる人でありたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。
岡田有里


最後までご覧いただき有難うございました。

【いいね】で応援して頂けると嬉しいです!


スケジュールへのリンク
お問い合わせ2_aquab01-001
メールにて連絡をご希望の方は info@okadayuri.com までよろしくお願いいたします。

 

 ★facebookグループ 【okadayuri.com】
(グループメンバー募集中♪)
https://www.facebook.com/groups/okadayuri/

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 有里

岡田 有里料理研究家

アメリカ留学を経て外資大手企業でシステムエンジニアとして勤務。2001年に結婚を機に沖縄へ移住し、その後単身パリへ渡りL’École Ritz Escoffierにてフランス菓子を学ぶ。独自の感性でプロデュースするモダンで気品のある空間表現とトータルなおもてなしスタイルの教室は長年のファンが多く、現在は食の楽しみや安全をテーマに執筆やイベント活動も行う。 
岡田有里料理・フランス菓子教室主宰 http://www.okadayuri.com
ママそら沖縄支部代表  https://www.facebook.com/mamasola.okinawa

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る