洋ナシとグレープフルーツのタルト

グレープフルーツタルト-1419

お久しぶりです。

 

実は1月はガタガタと滑り出しが悪く、
家族の体調不良が、
先週も、今週も…。
あらあら?と思っていて、
気が付けば9割以上のレッスンを
お休みするという結果になってしまいました。

 

レッスンを楽しみにしていただいていた方々には本当に申し訳ありませんでした。



そしてね、
ブログの更新もすることなく、
あっという間に1月が終わってしまい、申し訳ありません。

 

あ、ちなみに…。
私は元気だったんですよ~。

 

でも、家族そろって元気でないと、
何かと色々と回らないものですね…。
グレープフルーツタルト-1352

と言う訳で、
2016年のスタートは、
健康の大切さを再認識する事から始まりました。


ご挨拶が遅くなりましたが、
改めまして…。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

<(_ _)>

グレープフルーツタルト-1365

 

さて。
先週はお菓子教室の中級クラスでタルトを焼きました。

 

洋ナシとグレープフルーツのタルト

私がParisでお勉強していた頃、
お気に入りのパティスリーで
朝一番に焼けたタルトを切り売りしてもらい、
近くの公園で食べた思い出の1品なんです♪
懐かしいな・・・。

グレープフルーツタルト-1396

自宅にストックしている材料と、
近くのスーパーで手軽に帰るフルーツ。
これをパパッと合わせて、
オーブンにポン♪と入れたら焼きあがるタルト。

 

こんなに簡単で、
味わい深くて、幸せになる焼き菓子が他にあるでしょうか?

無いと思うな~~~(●^o^●)
グレープフルーツタルト-1389_cut

お気に入りの焼き菓子は
たくさんあるけれど、
1番のお気に入りは、
タルトです。

 

中でも、
フルーツを焼きこむシンプルなのが好き❤

グレープフルーツタルト-1391

色々なフルーツのタルトがあるけれど、
グレープフルーツと洋ナシのタルトは
季節を問わず、手軽に買える材料で作れるからいいな~って思います。

 

 

私ね、
紅玉のタルトが大好き
栗のタルトも大好き
でも、秋限定なのよね…。
 

 
フレッシュなイチゴのタルトも
春になると絶対に食べたいタルトです♪
でも、これも季節限定…。

 

お気に入りのタルトはたくさんあるけれど、意外と季節限定なレシピが多いんですよね…。


う~~~ん…(悩)

 

そういう意味で、
グレープフルーツの洋ナシのタルトは
通年OKなので、
思い立ったらすぐに作れるレシピです。


季節で限定されないレシピ。
貴重な存在だわ~♪

グレープフルーツタルト-1404

 

テーブルは春っぽく、軽やかに
春の草花の揺れるテーブルコーディネート

風にそよそよとなびくように
ナチュラルにお花を添えるだけで、
冬とは違う雰囲気が楽しめるコーディネートです。

 

 グレープフルーツタルト-1367

柔らかい茎のラインを生かして、
ガラスの花瓶にポンと投げ入れるだけ。

お花の顔が
あっちを向いたり、こっちを向いたり♪
とても軽やかで、
大好きなスタイルです。

グレープフルーツタルト-1370

でもね、
立春を前にして、
沖縄も肌寒い日でしたので、軽やか過ぎると寒々しいかな・・・。
と感じました。

グレープフルーツタルト-1359
なので、
ゴールドを少し使って温かみをプラスし、
春を先走りしすぎないようにバランスを取りました♪

ゴールドって派手なイメージがありますが、
ガラスやシルバーでは出せない魅力があると思いませんか~?

ほっこり温かみがあって、柔らかい雰囲気に仕上げたければゴールドはお勧めですよん♪

グレープフルーツタルト-1419

気持ちはウキウキと
春のお花のように・・・(●^o^●)


まだ寒いけど、気分は春!
という気持ちで、
春の先取りコーディネートで生徒さんをお迎えいたしました。           

 

来週はお料理教室です♪
春のシンプルフレンチでおもてなしをご紹介する予定です。

 

また、レポートしますね^^


最後までご覧いただき有難うございました。

【いいね】で応援して頂けると嬉しいです!


 

岡田有里料理・フランス菓子教室のスケジュールは下のリンクよりご覧頂けます。
スケジュールへのリンク

ご予約、お問い合わせはコチラの問い合わせフォームよりお願いいたします。
お問い合わせ2_aquab01-001
メールにて連絡をご希望の方は info@okadayuri.com までよろしくお願いいたします。

 

 ★facebookグループ 【okadayuri.com】
(グループメンバー募集中♪)
https://www.facebook.com/groups/okadayuri/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 有里

岡田 有里料理研究家

アメリカ留学を経て外資大手企業でシステムエンジニアとして勤務。2001年に結婚を機に沖縄へ移住し、その後単身パリへ渡りL’École Ritz Escoffierにてフランス菓子を学ぶ。独自の感性でプロデュースするモダンで気品のある空間表現とトータルなおもてなしスタイルの教室は長年のファンが多く、現在は食の楽しみや安全をテーマに執筆やイベント活動も行う。 
岡田有里料理・フランス菓子教室主宰 http://www.okadayuri.com
ママそら沖縄支部代表  https://www.facebook.com/mamasola.okinawa

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る