使い回しで秋のコーディネートをアレンジするコツ:テーブルコーディネートレッスン 岡田有里お菓子教室@沖縄

テーブル-5001-yuri(640x427)

 秋の季節感をテーブルコーディネートで楽しむコツ

岡田有里お菓子教室では9月1日からAutumn Collection 2015がスタートしました。

と言っても、沖縄は暑~い!
 
お出かけは素足にミュールが心地よく、
秋ファッションはもう少し先かな…(笑)
 
でも、食材&テーブルは秋色LOVEのモードで行きますよ~

 

季節の変わり目のテーブルコーディネート

お洒落な人はアクセントカラーや、
小物使いで季節の先取りが上手ですよね。

テーブルも同じです。
 
大切なのはニュアンスかな…。


秋の初めは洋服コーデを迷うように、
私はお天気と相談しながら、
テーブルコーディネートを楽しむ予定です♫

いいアイディアが浮かぶといいな~。

  テーブル-5014-yuri(427x640)

↑9月1日のテーブルコーディネートです。
 
ほんのり秋色でしっとりした設えでしょ。
大好きなブラウンのテーブルクロスは、
夏のタバコ色から秋のチョコレートブラウンに衣替えしました♪
 

お花はね…。秋色を断念(涙)
暑さに強くて1週間キープできるお花を優先して選びました。
 
お花は暑いと弱りますからね…。
ここは実用重視です(-_-;)

あ、そうそう。
8月の料理クラスで使ったモンステラの葉っぱが再登場してます。

ずっとリビングに飾っていたのですが、
3週間目も元気なので、もう1回頑張ってもらう事にしました♫
経済的でいい子だわ~♡
ビスキュイ-5066 (427x640)

 ↑ブラウンxゴールドでまとめてます。

 

同じアイテムを使いまわすコツ

小物や色使いを変化させ、
おなじお皿を夏から秋へとアレンジする実例をご覧いただきましょう。

 
2015年は夏と秋を同じお皿を使いました。
偶然にも9/1と6月のクラスでは、
同じお皿+ナプキンリングでコーディネートをしていたのです。

↓6月のコーディネートです。
紅茶タルト-1744 (427x640)
全体をクールな色遣いでまとめ、
「大人の夏」のニュアンスが漂うコーディネートになっていますね
 
6月は暑くてテーブルクロスが重く感じたのか、
テーブルに藍色のマットを直に敷いた珍しいケースです♪

イメージは「夏の浴衣」かな…。
ほんのり「和」なニュアンスですよね♪

 

いかがでしたでしょか? 

「夏の服を秋まで着まわす」という感覚で、
夏のテーブルコーディネートを小物の変化で秋色コーディネートにするコツをご紹介しました。


何か、ヒントになれば嬉しいです。

紅茶タルト-1831_text (427x640)


最後までご覧いただき有難うございました。

スケジュールへのリンク お問い合わせ2_aquab01-001
メールにて連絡をご希望の方は info@okadayuri.com までよろしくお願いいたします。

 

★okadayuri.com 公式Facebookページ
https://www.facebook.com/okadayuricom

↑いいねをして頂ければ、ブログが更新されるとお知らせが届きます。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 有里

岡田 有里料理研究家

アメリカ留学を経て外資大手企業でシステムエンジニアとして勤務。2001年に結婚を機に沖縄へ移住し、その後単身パリへ渡りL’École Ritz Escoffierにてフランス菓子を学ぶ。独自の感性でプロデュースするモダンで気品のある空間表現とトータルなおもてなしスタイルの教室は長年のファンが多く、現在は食の楽しみや安全をテーマに執筆やイベント活動も行う。 
岡田有里料理・フランス菓子教室主宰 http://www.okadayuri.com
ママそら沖縄支部代表  https://www.facebook.com/mamasola.okinawa

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る