紅茶風味のオレンジタルト:岡田有里お菓子教室@沖縄 中級クラスレポート

紅茶タルト-1690_text (640x427)

okadyauri.comへようこそ!

皆様、ご無沙汰いたしております^^;
ブログを更新する時間が無い・・・と言いながらふと気が付くと2か月も止めてしまいすご~く反省中です。ゴメンナサイ<(_ _)>
病気かな?とご心配してメッセージを頂いたりしましたが、私はと~っても元気です。

5月以降のおさぼり分のレポートは少しずつアップしますので気長にお付き合い下さいませ。ペコリ。
そうそう!6月は家族でフランスに出かけたのでレッスンレポート+旅行記のコンビネーションでお届け致しま~す^^v ちょっとだけ楽しみにしていて下さいね♪
(と予め宣言して怠け癖のついた私自身を追い込んでおります。あはっ…^^;)


と言ったものの・・・。
どこから始めたらいいの~~~?っていう程に自分のブログで迷子状態です…(^^;)どうしましょ(笑)
まずは記憶に新しい今日の様子からスタートしますね~(●^o^●) 

という訳で・・・。 ふぅ(汗)
本日はフランス菓子教室中級クラスのお稽古日でした♪
メニューは大好きな夏のタルトです☆


Menu:Tarte aux Thé Orange 
~紅茶風味のオレンジタルト~

紅茶タルト

今回のテーブルコーディネートはマスキュリンでしょ~♪
沖縄があまりにも暑いのでテーブルクロスを脱いじゃいました~(笑) 

代わりに深いブルーのプレイスマットを強いてコーディネートしたらダンディでセクシーな雰囲気が出た~(≧▽≦)予定していたイメージとは全然違うけれど、空から降ってきたインスピレーションにアリガトー!って感じで今回のコーディネートは個人的に気に入ってます。そして生徒さんにも好評でした♪ うふっ。

紅茶タルト-1744 (427x640)

 ↑パイソン柄のプレースマットは最近購入したお気に入り
和だね~とか、オリエンタルだわ~とFacebookのお友達にも褒めて頂けたのでご機嫌です(*^_^*)

 

↓さぁ、オーブンに入れますよ~(●^o^●)
焼く前のタルトはヒマワリが咲いたようで可愛かったゎ~♪

紅茶タルト-1681 (427x640)

↑今回は生地作りからアールグレイの香りに癒されながら楽しいタルトレッスンでした♪そして、時々つまみ食いするオレンジの美味しい事♥ 
あ~幸せ(#^.^#)

↓オーブンから香るアールグレイに再び癒されて~♪
艶出しにナパージュを塗りながら和気あいあいインポートとおしゃべりする時間もゆったりと楽しいのよね~♪

今回はいつもよりも緩やかな流れを感じたお稽古でした。たぶん、今回のタルトは中級クラス用としてシンプルなレシピだったので生徒さんもリラックスされていたのかな?って思います。 

初めてのテクニックに挑戦も楽しいけど、作り慣れた基本生地の応用編で心の余裕があるレッスンも良いな・・・と改めてレッスンメニューにおけるバランスの難しさを感じました。 日々、色々勉強でございます^^v

お越しくださる皆様に感謝です☆

紅茶タルト-1713 (427x640)

 試食タイムも緩々と素敵な時間が流れてました~(*^_^*)

 紅茶タルト-1708 (640x427)

夏に咲くヒマワリのイメージで作ったデザインのタルト。
美味しいのよ~❤ 
息子もほっぺを押さえて「美味しい~」と喜んで食べてました。うふっ(*^_^*)

それぞれお持ち帰り頂いたお宅でも楽しいティータイムを過ごしていただけるといいな・・・。


久しぶりにブログへ遊びに来てくださった皆様、ご覧いただきありがとうございました。

次回は今週初めの初級クラスレッスンレポートをすぐに書きま~す!また、遊びに来てくださいね~(#^.^#)

紅茶タルト-1831_text (427x640)


今日も最後までご覧いただき有難うございました。

【いいね】で応援して頂けると嬉しいです!


 ★facebookグループ 【okadayuri.com】(グループメンバー募集中♪)

https://www.facebook.com/groups/okadayuri/

岡田有里料理・フランス菓子教室のスケジュールは下のリンクよりご覧頂けます。

料理教室・フランス菓子教室:スケジュール/空席案内 

 

ご予約、ご質問はinfo@okadayuri.comまでメールにてお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 有里

岡田 有里料理研究家

アメリカ留学を経て外資大手企業でシステムエンジニアとして勤務。2001年に結婚を機に沖縄へ移住し、その後単身パリへ渡りL’École Ritz Escoffierにてフランス菓子を学ぶ。独自の感性でプロデュースするモダンで気品のある空間表現とトータルなおもてなしスタイルの教室は長年のファンが多く、現在は食の楽しみや安全をテーマに執筆やイベント活動も行う。 
岡田有里料理・フランス菓子教室主宰 http://www.okadayuri.com
ママそら沖縄支部代表  https://www.facebook.com/mamasola.okinawa

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る