テーブルコーディネートレッスン:リラックス感のあるエレガントなテーブル

アイキャッチ_summertable

岡田有里おすすめのテーブルコーディネート

有里さんのテーブルコーデが好きです!
お教室はしないのですか?


先日、初対面の方にほめて頂きました。
それも、
自己紹介の直後の直球&ストライクでした♪

きゃ~(≧∇≦v)
嬉しすぎるお言葉!

頂いたお言葉があまりに直球で…。
私の心は準備が出来ておらず…。
腰を抜かしそうになりました(笑)


でも、せっかく嬉しいお言葉を頂いたので、

テーブルコーディネートのレポートを
ブログでお届けしようと思います。


 

岡田有里テーブルコーディネート ポイントレッスン vol.1

今までのテーブルコーディネートをパーツごと分けてにご紹介していきます。
何かの参考になれば幸いです♪

初夏のテーブルコーディネート

夏を間近に感じる5月のお菓子教室。
明るい光と爽やかな風を感じるシンプルなテーブルを設えました。

テーブル-0466_Yuri-(427x640)

私が表現したかったのは、
ビビッドカラーなカラー使いだけど、
柔らかでエレガントなテーブルです。

私が目指すのは大人のエレガンス♪


メニュー:レモンのロールケーキ
テーマカラー:グリーン
お花:玉シダ 12本
オブジェ:レモン 8個
器:ガラス

高さでクラス感を演出する

背の高いオブジェはクラス感を出して非日常的な空間を作るのに便利です。

テーブルも同じだと考えてくださいね。
この花瓶は高さが25cmなので、
玉シダの上までが70cmほどでしょうか。
けっこう高かったと記憶しています。

テーブル-0405-Yuri(427x640)

 

趣旨とリンクで統一感を出す

「レモンのロールケーキのレッスンなので、
レモンをテーブルに飾りました。」

という風に、
おもてなしの趣旨とテーブルアイテムをリンクさせればストーリー性が生まれます。

ストーリーと空間に統一感が出ると、おもてなしがグレードアップすると思います。


色や質感の統一感も大切ですが、

ゲストの心に残るコーディネートが心がけてくださいね。

 

キラッと光るとリッチな雰囲気

キラキラ光るガラスって素敵ですよね。
ガラスは光はが当たると輝く事を覚えておいてくださいね。
(光がなければ輝かないこともまた然り)

明るい日はガラスをたくさん使いましょう!

キラキラ感はリッチ&エレガントなテーブルにはマストなアイテムですよ~。
LOVE❤キラキラです♪

テーブル-0471-Yuri(640x427)

 

最終的なテーブルの姿を想像する

お迎え時のテーブルコーディネートは、
お料理が入ってもバランスが良いですか?

私は料理や飲み物をテーブルに置いた後のバランスに気をつけてテーブルを設えます。


料理や飲み物は思った以上に色鮮やかです。

テーブルを組む時は最終的なテーブルの姿を意識して足し算と引き算をして下さいね。

と言う訳で。
このテーブルの仕上げは紅茶でした。

ガラスのカップに注がれる鮮かな紅茶色。
窓辺の明るい光に照らされて赤く光り、美しい風景を作ってくれています♪

レモンロール-0500-Yuri(640x427)

 紅茶の色が入ると全体が引き締まり、
キラッとした高級感が更にグレードアップしたように感じます。

 

リラックスしたラグジュアリー感

ゆるりと上質なファッションを身にまとい、
キラリと輝くダイヤモンドをさりげなく身に付けたマダムが楽しむティータイム。

リラックスした大人のラグジュアリーってこんな感じかな~って私は思うのです。

皆さまはどう思われますか?

レモンロール-0504-Yuri(427x640)


私は気の向くままにテーブルを組みます。
そして、レポート内にはコーディネート理論でNGな事もある思います。

お好みのテイストと異なるかもしれません。
でも、気長に見守って頂けると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。
アイキャッチ_summertable

いかがでしたでしょうか?
ご感想を頂けると今後の参考になります。

ぜひ一言メッセージを頂ければ嬉しいです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
コメント_btn042_04


スケジュールへのリンク  お問い合わせaquab01-001

 メールにて連絡をご希望の方は info@okadayuri.com までよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 有里

岡田 有里料理研究家

アメリカ留学を経て外資大手企業でシステムエンジニアとして勤務。2001年に結婚を機に沖縄へ移住し、その後単身パリへ渡りL’École Ritz Escoffierにてフランス菓子を学ぶ。独自の感性でプロデュースするモダンで気品のある空間表現とトータルなおもてなしスタイルの教室は長年のファンが多く、現在は食の楽しみや安全をテーマに執筆やイベント活動も行う。 
岡田有里料理・フランス菓子教室主宰 http://www.okadayuri.com
ママそら沖縄支部代表  https://www.facebook.com/mamasola.okinawa

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る