子供と一緒にフランス旅行⑤:巨大トレーラーと自転車チーム: 母と息子2人旅~

アイキャッチ_旅行記5_トレーラー

 

動物運搬トレーラーが大きいフランス!

前回ブログで紹介した高地放牧の牛たち。
専用のトレーラーで標高1500m前後まで運ばれた牛はそこから牛飼いと共に歩いて山を登ります。
(↑Artousteに到着して理解しました)

 

↓牛や羊を運搬するトレーラーです。
実物は大きかったですよ~。
アルトゥースト-00346 (44) (640x360)
豚や馬の運搬トラックは日本でも見ますけど、
こんなに大きいのは見たことがないし、
アメリカでも見たことないかも~。

このトレーラーさん達ね、
細い山道で強気な運転で後ろから追いかけてくるんです。
 
彼らは慣れた道なのでしょうけど、
私は初めての山道だったのでドッキドキ…(汗)

崖と隣り合わせの山道はマイペースで!
そう決めて慎重に運転してたので、
トレーラーが後ろからぬ~っと現れると、
車を寄せて「お先にどうぞ~」と何度もトレーラーを見送りました(笑)

コワカッタ…(^^;)

アルトゥースト-00346 (46) (640x360)
↑なんと、2階建て&2連式!

ダブルデッカー&連結車で動物運搬トレーラーって日本にあるかしら?

なさそうですよね・・・。大きすぎです。

 

トレーラーの収容能力ってどの位?

2階建て、連結トレーラーに何頭ほどの牛を乗せるのかしら? 
 
1段が12頭分のスペースに見えるので、
2段だと24頭ですよね。
 
連結車も合わせると、最大48頭?!

牛の体重は約700Kgほどらしいので、
単純計算で48頭=33,600kg!

え?ホントに?
それって、33.6トン~!


うっそ~~!! \(◎o◎)/!

そんな重い車で山道を走ってダイジョブなの?
こわいわ~。

アルトゥースト-00346 (45) (640x360)

↑ファンが付いてて快適♪

 

 

ツール・ド・フランス直前。ピレネーの山道は大混雑!

ツール・ド・フランスを1か月後に控えて、
山道は自転車チームがたくさん走っていました。

現地練習なのでしょうね。
標高差1000m以上の山道を自転車で走るなんて、考えられませ~ん。
でも、本当に多くのレーサーが走っていて大混雑でした。

ピレネー山脈のドライブ旅行2日目は、
・カーナビの先制攻撃を受け(笑)
・後は牛トレーラーに追いかけられ、
・横は自転車チームさんにすり抜けられ…。

いろんな意味でスリル満点でした~(笑)
でも、とっても楽しかったです♪     
アルトゥースト-00346 (43) (640x360) 


次回は標高2000mを走るArtousteの高山列車をご紹介しますね。


よろしければ、こちらもご覧くださいませ。
フランス旅行記①:子ども目線の旅
フランス旅行記②:母と息子の2人旅
フランス旅行記③:ピレネーで羊に出会う
フランス旅行記④:高地放牧の牛に出会う (動画付)
フランス旅行記⑤:巨大なトレーラーに追われる
フランス旅行記⑥:標高2000mの山岳列車の旅(動画付)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 有里

岡田 有里料理研究家

アメリカ留学を経て外資大手企業でシステムエンジニアとして勤務。2001年に結婚を機に沖縄へ移住し、その後単身パリへ渡りL’École Ritz Escoffierにてフランス菓子を学ぶ。独自の感性でプロデュースするモダンで気品のある空間表現とトータルなおもてなしスタイルの教室は長年のファンが多く、現在は食の楽しみや安全をテーマに執筆やイベント活動も行う。 
岡田有里料理・フランス菓子教室主宰 http://www.okadayuri.com
ママそら沖縄支部代表  https://www.facebook.com/mamasola.okinawa

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る