ママそら☆おきなわ「岡田有里のKitchen通信 no.3」 公開のお知らせ

_DSC0332_web18a_trim

沖縄の料理教室・フランス菓子教室:okadayuri.comへようこそ

 

本日はママそら☆おきなわにて岡田有里のKitchen通信 no.3はテーブルコーディネートをご紹介しています。

 

 _DSC0442_web18_contrast_a

 

テーブルコーディネートと言っても様々なスタイルがありますよね。

 

コーディネートを勉強する時に食器、テーブルマナー、料理、色彩、お花など山のような理論があるのも事実ですが、難しく考える必要はないと私は思います。

 

 

私はテーブルコーディネートとはファッションと同じように自分の個性を表現する場だと考えています。

だから、心地よいと思う色、質感、器などを使う事で自分らしさを表現したテーブルコーディネートが完成すると思うのです。

 

 

私はこの仕事柄、お皿やテーブルクロスをたくさん持っている方だと思います。でも、教室では同じ器やテーブルクロスで雰囲気の違うコーディネートをお見せできるように工夫しています。

 

 

使い回すんだけど、使い回している様に見えないコーディネート。これは一つの理想形ですよね☆そして、皆さんが知りたいのもこの辺りかな?って思うのです(笑)どうでしょう? 遠からず当たってませんか???

うふふ(*^0^* )

 

 

そうは言っても慣れるまでは悩みますよね・・・。

 

 

そこで、今回の岡田有里のKitchen通信 no.3では今月のお菓子教室で設えたテーブルを分析してコーディネートのポイントを7つの質問形式にしてご紹介することにしました。

 

 

詳しくは岡田有里のKitchen通信 no.3をご覧くださいませ。

内容に関するご質問やリクエストがありましたら私にメールを頂くか、コラムにコメントを下さいね。

 出来るだけお応えできるように頑張ります!

 


 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

【いいね】で応援して頂けると嬉しいです!

 


 

★ママそら☆おきなわ、facebookグループ (サポーター募集中!)

https://www.facebook.com/groups/mamasola.okinawa1/

 

★ママそら☆おきなわ、facebookページ

https://www.facebook.com/mamasola.okinawa/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 有里

岡田 有里料理研究家

アメリカ留学を経て外資大手企業でシステムエンジニアとして勤務。2001年に結婚を機に沖縄へ移住し、その後単身パリへ渡りL’École Ritz Escoffierにてフランス菓子を学ぶ。独自の感性でプロデュースするモダンで気品のある空間表現とトータルなおもてなしスタイルの教室は長年のファンが多く、現在は食の楽しみや安全をテーマに執筆やイベント活動も行う。 
岡田有里料理・フランス菓子教室主宰 http://www.okadayuri.com
ママそら沖縄支部代表  https://www.facebook.com/mamasola.okinawa

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る