ミルフィーユ ~ホームメイドの美味しさ~ 岡田有里お菓子教室 in 沖縄県 那覇市

パイ生地-1640_Millesfeuilles_web1200

ミルフィーユを岡田有里お菓子教室の中級クラスで作りました

いつも楽しい中級クラスのメンバーで、
美味しいミルフィーユを作りました♪

このクラスはパイ生地が2回目なので、
自宅でパイ生地を手作りするコツや、
注意点を復習しながら確認をして頂きました。

コラージュ_ミルフィーユ1

 

手作りミルフィーユを食べる喜びのために頑張る

パイ生地を手作りするのは、
手間暇がかかります。
パイ生地-1640_Millesfeuilles_web1200

温かい沖縄ではバターが溶けるし、
キッチンは粉だらけになるし、
お世辞にも慣れたら簡単よ!とは言えないかもしれません。


でもね!
「最高のミルフィーユだ!」
と驚きと喜びを感じてほしい。


私の中でその想いが強くて、
ミルフィーユをレッスンでご紹介し続けています。


お陰さまで、今年も楽しく美味しいミルフィーユのお稽古をさせて頂く事が出来ました。

 

お越しくださいました皆様、
ありがとうございました。

美味しいミルフィーユとは?

美味しいミルフィーユを作るには、
生地づくりが最重要課題です☆

パイが美味しくないと、悲しくなってしまいますもの。 
頑張らなくては~~!

レッスンでは2つを体験して頂きました。
①パイ生地を丁寧に作り、
②焼き具合を見極める。

これがしっかりしてないと、
ミルフィーユは美味しくならないので、大事な基本ポイントをしっかりお伝えしました。
ミルフィーユ-1655_web_millefeille maison

↑美味しいパイ生地は、
芯の層まで焼くのがポイントです。

お店で中が白いパイ生地を見かけますが…。
あの状態ではサクッと香ばしい食感は生まれないのです。

パイ生地は芯の層まで全部茶色く焼く!
これが大事~。そして、これが難しい(汗)

パイ生地-1658_pate feuillette

サクッ!と枯れた音がして、
乾かすようにパイの中心層まで焼き切ると、フォークで軽~く割れるほどサクサクになります♡

おいしそうでしょ~。

 

クレームパティシエール

カスタードクリームは英語なんです。
フランス語では、クレームパティシエール。
なんだか、ちょっとお洒落な響きだと思いませんか?

私の教室では、クレームパティシエールって呼んでます♪
だって、フランス菓子教室ですもの~♪
うふふ(●^o^●)

その、クレームパティシエールは、
しっかり火を入れて美味しく炊き上げ、
冷た~く冷やします。

_DSC0775_color_Web18

↑愛用している銅製のボーズ鍋。
底がボウルのように丸いので、鍋の端が焦げたりしなくて使いやすいお道具です。


ネットショップで取扱いがあるので、探してみて下さいね。
ちなみに、私のお勧めは直径18cmです。

 

シンプル&モダンなテーブルコーディネート

四角いミルフィーユに合わせて、
スクエアをたくさん取り入れたシンプル&モダンなコーディネート。

でも、このコーディネートがナチュラル&エレガントに見えるのは、
柔らかい曲線を描くアネモネのおかげです。
テーブル-1619
直線と曲線のバランスを上手に取ると、
どちらかに偏りすぎずに自然な雰囲気になりますね。

ミルフィーユ-1673_web

 

3月の岡田有里お菓子教室のお知らせ

3月22日(火)10:00~13:00
メニュー:イチゴのフレジェ

一人一台をお作りいただいて、お持ち帰り頂きます。
参加費:7200円

20150323フレジェ-2F0A9256

こんなに~~?って思うほど、
たくさん苺を詰め込んだ春のスペシャルです♪

   20150324ケイクカラメルショコラ-2F0A9351   
スポンジとカスタードとイチゴ。
この3つを組み合わせるので、難しくないけどお洒落でポイントが高いケーキだと思います。

初心者さんも上手に作れますので、
よろしければご参加下さいませ。
お問い合わせ2_aquab01-001 スケジュールへのリンク

最後までご覧いただき有難うございました。

【いいね】で応援して頂けると嬉しいです!


メールにて連絡をご希望の方は 
info@okadayuri.com までよろしくお願いいたします。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 有里

岡田 有里料理研究家

アメリカ留学を経て外資大手企業でシステムエンジニアとして勤務。2001年に結婚を機に沖縄へ移住し、その後単身パリへ渡りL’École Ritz Escoffierにてフランス菓子を学ぶ。独自の感性でプロデュースするモダンで気品のある空間表現とトータルなおもてなしスタイルの教室は長年のファンが多く、現在は食の楽しみや安全をテーマに執筆やイベント活動も行う。 
岡田有里料理・フランス菓子教室主宰 http://www.okadayuri.com
ママそら沖縄支部代表  https://www.facebook.com/mamasola.okinawa

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る