手作りケーキで祝うクリスマス ~ マロン風味のブッシュドノエル~ 岡田有里お菓子教室@沖縄

ブッシュドノエル-0706

クリスマスの為に手作りするブッシュドノエル

いよいよ今週はクリスマスですね。

みなさんは、
クリスマスケーキを買いますか?
手作りしますか?


イブの夜はお家でディナーにしますか?
それとも、レストランにお出かけですか?


私はね、
お家でまったり手作り派です♪
(あ、昔は断然お出掛け派でした~!)
今年はね、ドーム型のクリスマスケーキを
息子と作ろうかな~と思ってます♪


チキンの丸焼きローストも作ろうかな~♪
それとも、
肉食男子の好きなステーキがいいかな?
サラダを作ったら嫌がるだろうな~(笑)

 
家族で楽しく過ごす時間って
考えるだけでワクワク

でもね、
これが当たり前じゃないですよね。
平和な時を過ごせることはスペシャルな事。

感謝の気持ちを忘れず、
良き思い出となる時間を過ごしたいと思います。


ツリー-8854

自分へのご褒美タイム

12月後半って忙しくって、
気持ちがソワソワしますよね。

予定がない一日でも、
気忙しい気がするのが師走です。
ほ~んと、焦ります…(^^;)

ブッシュドノエル-0677 - コピー (427x640) - コピー

でもね。
忙しい年末こそ、自分の時間を作る! 

 
そして、
好きなことに没頭して気分転換する。
これ、大事だな~って思います。

 
そうじゃないと、
仕事、家事、子育て、学校行事など
一人何役もこなす女性は、
パンク寸前ですよね~。

 
みんな、頑張ってるもの!
自分へのご褒美タイムは大切にして欲しいな~って思います。

12504652613513f9f75d7e159e03f5f6_m

そうそう。
お菓子教室へ参加する事はご褒美タイム

そう言って頂けるだけで、
私はし・あ・わ・せ・
講師冥利につきます(●^o^●)


今年も忙しい時間をやりくりして、
たくさんの方がブッシュドノエルのクラスへお越しくださいました。
ありがとうございます。

レッスン風景 (448x640)


ブッシュドノエルはデコレーションが多く、
慣れない作業がたくさんあるので、
レッスンの終盤はシーーン…。

ほとんどの方が無言で作業に没頭されますが、
それも心地よい大人の時間かな?と思います。

ご参加いただいた皆様、
どうもありがとうございました。

 

素敵なクリスマスをお過ごしくださいね!
ブッシュドノエル-0706

2016年の岡田有里お菓子教室

2016年のレッスンは、
1/15(金)10:00~の
アフタヌーンティーのクラスでスタートします。
イーストをちょっと使うスコーン、
サックサクのバニラクッキー、
フランボワーズのコンフィチュール。

この3点を作ってお持ち帰りです♪
そして、試食をかねてゆったりと
アフタヌーンティーパーティーを
お楽しみいただく予定です♪


レッスンメニュー以外に私から少しだけプレゼントメニューをご用意します♪
楽しみにしていて下さいね^^

ご参加希望の方はコチラよりお知らせください。

お待ちいたしております。
レッスンスケジュール↓
http://okadayuri.com/?p=3949

申し込みaquab03-001


2016年もたくさんの笑顔が集うアトリエで皆様と楽しい時間をご一緒させて頂くのを楽しみにいたしております。

 

どうぞよろしくお願いいたします。 


 岡田有里料理・フランス菓子教室のスケジュールは下のリンクよりご覧頂けます。
スケジュールへのリンク

ご予約、お問い合わせはコチラの問い合わせフォームよりお願いいたします。
お問い合わせ2_aquab01-001
メールにて連絡をご希望の方は info@okadayuri.com までよろしくお願いいたします。

 

 ★facebookグループ 【okadayuri.com】
(グループメンバー募集中♪)
https://www.facebook.com/groups/okadayuri/

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 有里

岡田 有里料理研究家

アメリカ留学を経て外資大手企業でシステムエンジニアとして勤務。2001年に結婚を機に沖縄へ移住し、その後単身パリへ渡りL’École Ritz Escoffierにてフランス菓子を学ぶ。独自の感性でプロデュースするモダンで気品のある空間表現とトータルなおもてなしスタイルの教室は長年のファンが多く、現在は食の楽しみや安全をテーマに執筆やイベント活動も行う。 
岡田有里料理・フランス菓子教室主宰 http://www.okadayuri.com
ママそら沖縄支部代表  https://www.facebook.com/mamasola.okinawa

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る