Parisのシュークリーム:岡田有里お菓子教室@沖縄 レッスンレポート

2F0A0614 (640x427)

okadyauri.comへようこそ!

お菓子教室のメニューも秋から冬へ移行し、Winter Collection2014が始まりました!

11月~2月はショコラ、プラリネ、キャラメル、クリームとリッチなデザートがおいしい季節を存分に楽しめるメニューをご紹介していきますね!

トップバッターは初級クラスのシュークリーム
シュー生地やクレーム・パティシエールは大切な基本パーツなのでゆっくりと丁寧に皆さんとご一緒に作りました。
特にシュー記事は作る感覚と一共に科学的なアプローチも理解して欲しいので色々とお伝えしました。
とは言え、みなさんは作業に真剣でしたので半分くらい伝わったかな~(笑)

あ、それでいいんですょ~^^
2月に同じくシュー生地でParisBrestを作るのでその時に同じ話をするので少しずつ理解を深めて頂ければいいなって思っています。


さて、この日のテーブルコーディネートは普段の私が作るテーブルとは趣を変えてみました^^v
なんと、ほんわりメルヘンな世界❤で色使いも柔らか~なニュアンスカラーです♪

モダンなクリスマスや大人シックなクリスマスは大好きですが、クリスマスは大人も子供もウキウキするような表現がいいよね~!って思うので子供も楽しめるメルヘンなテーブルをご提案しました。

2F0A0578 (427x640)

↑ 昨年、Parisで買い求めたクリスマスを迎える街を表現した小さなフィギュアを和食器の上にそれらを並べてクリスタルのドームをかぶせたら・・・。
スノードームのように見えませんか~?

2F0A0576 (427x640)

 

↓ シュークリームは中空のガラス皿にのせてみました♪
ガラスドームとコーディネート???のつもりです^^;
2F0A0602 (427x640)

↑生徒さんはこの器の意外な使い方に驚かれていましたが、白い長皿にシュークリームをペタッと置くよりも高さと動きがでて良いかな~って思うんですよね~^^
そして、デコレーションがフィギュアで可愛い感じだったので、スイーツのディスプレーは少し大人っぽくしてバランスをとってみました^^v

このように器や小物の可能性を色々と探してみるのもテーブルコーディネートの楽しみです!
そして、たまには自分とは違う世界を表現してみるのも楽しいですよ~。(難しいですけどね・・・^^;)
ぜひ、ご自宅でお持ちの器や小物を違う目線で眺めてみてくださいね。
きっと面白いアイディアがわいてくると思います!


次回の初級クラスではフレッシュオレンジを焼きこんだキャラメルのケイクを作ります。
どうぞ、お楽しみに~^0^/

thank you_warm_2F0A0582 (427x640)


今日も最後までご覧いただき有難うございました。

【いいね】で応援して頂けると嬉しいです!

https://www.facebook.com/groups/okadayuri/

岡田有里料理・フランス菓子教室のスケジュールは下のリンクよりご覧頂けます。

料理教室・フランス菓子教室:スケジュール/空席案内 

 

ご予約、ご質問はメールにてお願いいたします。 info@okadayuri.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 有里

岡田 有里料理研究家

アメリカ留学を経て外資大手企業でシステムエンジニアとして勤務。2001年に結婚を機に沖縄へ移住し、その後単身パリへ渡りL’École Ritz Escoffierにてフランス菓子を学ぶ。独自の感性でプロデュースするモダンで気品のある空間表現とトータルなおもてなしスタイルの教室は長年のファンが多く、現在は食の楽しみや安全をテーマに執筆やイベント活動も行う。 
岡田有里料理・フランス菓子教室主宰 http://www.okadayuri.com
ママそら沖縄支部代表  https://www.facebook.com/mamasola.okinawa

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る