次のステージへ・・・

_DSC0784 (425x640)

息子の絵といえば力強い色使いで展開する 極彩色ワールドでしたが、「OOえもんの絵描き歌」を覚えてからはOOえもんとOOみちゃんオンリーでした。クレヨンも絵具も触らなくなってボールペンと鉛筆!そして、油性ペン(>_<)

時々「お絵かきしないのー?」「クレヨンは?」と聞いてみるけど、反応は無く、残念だな~っと思いつつもそのままにしていました。

 

そうしたら、数日前に変化がありました。

超合金ロボットを手に「コレを描くの!」と言ってクレヨンと画用紙を要求した息子はしばらく超合金ロボットをガン見!じーっと被写体を観察する姿に何かが始まるなという予感がしました。ワクワク♪

 

一つ一つのパーツをしっかりと確認しながら描き始める息子の姿を「ほぉ~!」と見ていましたが、すぐにママ・フォトグラファー魂がムズムズする~~!

という訳で、邪魔をしないように写真を撮りました~(^_-)-☆

 

真夜中のお絵かきタイム♪

初めて挑戦した写生の様子を50秒の動画にしましたで、ご覧下さいませ。

 夫が持っていた昭和レトロな超合金ロボット

小さいけど凝った作りで、ずっしりとした重みが息子の男の子魂をくすぐったのでしょうか…。

 出来上りも満足だったようで、サインを入れていました(笑)

また、絵を描く楽しみを思い出してくれたらいいな・・・。


 今日も最後までご覧いただき有難うございました。

丁寧に暮らすヒントを美味な生活、華のある暮らしの中から研究し、情報発信をしています。毎日配信を目指して頑張りますので【いいね】で応援お願いいたします。


  来月以降のお知らせ

 5/14(水:残1)、5/15(木:満席)、5/16(金:残1)

 6/18(水:残2)、6/19(木:残1)、6/20(金:残1)

 時間:11:00~14:30

場所:沖縄県那覇市首里

ご予約、ご質問は下記のメールアドレスまでご連絡をいただければ幸いです。

 メールアドレス: info@okadayuri.com

フランス菓子教室のスケジュールはこちらでご覧頂けます。

 Blog用4_1web20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

岡田 有里

岡田 有里料理研究家

アメリカ留学を経て外資大手企業でシステムエンジニアとして勤務。2001年に結婚を機に沖縄へ移住し、その後単身パリへ渡りL’École Ritz Escoffierにてフランス菓子を学ぶ。独自の感性でプロデュースするモダンで気品のある空間表現とトータルなおもてなしスタイルの教室は長年のファンが多く、現在は食の楽しみや安全をテーマに執筆やイベント活動も行う。 
岡田有里料理・フランス菓子教室主宰 http://www.okadayuri.com
ママそら沖縄支部代表  https://www.facebook.com/mamasola.okinawa

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る